クレジットカード現金化の2つの方法

クレジットカード現金化が多くの支持を集め利用する人も増えています。
これは自分名義のクレジットカードのショッピング枠を現金化するというものです。
クレジットカード現金化を行なう場合は主に2つの方法があり、ひとつは自分で商品を売買して現金化する方法、そしてもうひとつが現金化を行なう業者を利用するというやり方です。
■自分で売買する場合
ここでそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。
まず自分で売買する方法のメリットは、やり方によっては高い還元率が得られることでしょう。
ではデメリットはというと、手間がかかる点が挙げられます。
自分で換金率の高い商品を購入して、それを高く買ってくれるところに持ち込まなければならないからです。
店舗に行ったり品物を郵送するなど、手間や労力、時間が掛かります。
そういった時間と手間がかかるので、すぐに現金が必要なケースには向いていません。
また、換金率の高い商品というのはクレジットカード会社があらかじめ目を付けており、購入の仕方などによってはカードの利用が停止される恐れもあります。
■業者を利用する場合
一方業者でクレジットカード現金化を行なう場合のメリットは、すぐに現金が入金されるという点が一番に挙げられます。
ネットバンクを利用すればさらに便利です。
インターネットを利用すれば店舗に行く必要もなく、店舗によっては24時間365日対応してくれるところも少なくありません。
また、必要事項を入力するだけと非常に手軽で簡単に利用できるのもメリットです。
きちんとカード決済代行会社を通すのでカードの利用を停止されるリスクは少なくて済むといった点などです。
デメリットとしては、自分で現金化するにと比較して還元率が低くなってしまうことと、悪質な業者に引っかかってしまう危険性がある点です。
どちらを選ぶかはあなた次第ですが、時間と手間がかかっても高い還元率を得たいという人は自分での売買を、カードの利用停止は避けたいし簡単に現金を手にしたいというなら業者を利用するほうがいいでしょう。
いずれのケースも、しっかりとデメリットを認識しておく必要がありますよ。

関連記事