現金化業者を利用してキャッシュバックを受ける

クレジットカード現金化はすぐにでも現金が必要となったときに役立つ手段として多くの人が利用しています。
利用する際には自分自身で売買して現金化する方法と現金化を行なう業者のキャッシュバックを利用する方法の2つに大別できますが、ここでは後者について見てみたいと思います。
■業者の還元率に注目
業者を利用してクレジットカード現金化をする場合は、自分名義のクレジットカードのショッピング枠を使ってその業者の指定する商品を購入しそれを業者に送ることでキャッシュバックを受けることができます。
その際にはキャッシュバック率、つまり還元率に応じて口座に振り込まれる現金の額が異なります。
ただ手数料なども差し引かれるために、キャッシュバックの金額=還元率の金額とは違うのが実情です。
たとえば、還元率が90パーセントを謳っている業者で現金化をした場合、5万円の商品を購入すれば45,000円のキャッシュバックとなります。
しかし、手数料がいろいろと差し引かれるので最終的に自分の口座に振り込まれるのはこれより少なく、多くは購入した商品の80パーセント程度になるのが一般的です。
98パーセントといった高い還元率を謳う業者でも、その還元率で対応してもらえるのは200万円以上の購入の場合のみであったり、現金が手に入るのに日にちが掛かるプランであったりするのです。
■自分で現金化するには問題も多い
単純に還元率を高めたいなら、自分で現金化する方法のほうがいいでしょう。
ただしその場合には、さまざまな手間や時間が掛かりかなり面倒なことになる点はしっかり認識しておきましょう。
また、自分で現金化する際にはカード会社のチェックに引っかかって、常にカード利用停止になるリスクにさらされています。
それらを避けたいなら、多少のキャッシュバックの率ダウンでも納得して業者を利用するほうがおススメです。
業者でも高い還元率を提供するなどいろいろなキャンペーンを実施しているケースも多いので、それらを利用すればお得にクレジットカード現金化を行なうことができますよ。

関連記事